レポート返却

2012/08/23

レポート返却

スクーリングから帰ってみると、レポートが返却されていました。
そう、前回再レポの期限ギリギリに提出した史学概論です。

駆け込みで提出したので少々自信がありませんでしたが、
Bで合格です。試験は通っているので、これで単位確定です。

ただ、Aを撮るのは難しいですね。
前回指摘事項は改善され、論述も整理されているが、
結論をもう少し明確にする必要がある、との講評でした。

2012/08/02

レポート返却

毎日の習慣で郵便ポストを見たら、
レポートが返却されていました。

はて、何のレポートか全く見当がつかず、少し分厚いな、と思いつつ、
窓の部分から見れる評価コメントも何も書かれていなかったので、
不安になりながら開封したところ、西洋史概説Ⅰのレポートでした。
2週間で返却とは驚きです。

すぐに、最終ページの講評を見たところ、評価項目もコメントもなし。
またDかと腹を括りつつ、最初のページに戻ったところ、
結果は・・・

まさかのA

コメントなしのAってありでしょうか?
それと正直あまり書き換えておらず、
ローマ元首政の枠組みを少し付け加えたレベルなのですが・・・

前回の基準が厳しかったのか、或いは今回が甘めだったのか。
はたまた、Eスクの受講をしたのが、何らかの効果があったのか。
(同じ先生が採点してくださってます。)

いずれにしても、レポート合格して良かったです。
誤字が1つ、今後は注意しないといけません。

2012/07/19

レポート返却

論理学(L)のレポートが返却されました。
結果は・・・

またしてもDです。

まあ、総合科目の論理学も難関と聞いてますので、
予想はしていました。

1つ気になるのが、Aのような採点結果が記入された後に、
消している痕跡があることです。

AがDになることはまずないと思うので、
他の人の採点が写ってしまったか、
何本か同時で採点していて、単純に記入し間違えたのでしょうね。

コメントは、「抽象的で説得力に欠ける」「具体例が示されていない」
となっています。

確かに、テキストをまとめただけのものなので、
もっと自分なりに噛み砕いて書く必要があるのかもしれません。

講評を読んでいてなんだか分厚いなと思っていたら、
「補足説明・注意点」なるものが3枚(両面印刷で5ページ)ついていました。
こういうものがあるということは、私のような人が複数いるのかもしれません。
よく読んで、再レポートに取り組みたいと思います。

2012/06/21

レポート返却

倫理学のレポートが返却されました。
結果は・・・

Dです。

はい、また再レポが増えました。
コメントを見ると、まとめ形式のレポートだとNGのようです。

文章力がないせいか、ノートの箇条書きのようなレポートになりがちです。
センテンスのつながりもぎこちなかったり、言いたいことが表現しきれなかったり。
再レポが溜まっている状態、打開策を模索しながら精進しないといけません。

2012/04/27

レポート返却 3本

今日は珍しく残業で、帰宅したのが0時ちょっと前でした。

久しぶりの残業だったので、頭脳労働時間で消耗して、

フラフラして帰ってきたら、残り3本のレポートが返却されてました。

 

以下は、参照順

科学哲学 C

フランス文学概説 A

 

そして一番の難関は・・・

西洋哲学史Ⅰ D

予想通りでした。

 

簡単に反省をすると、、、

全てテキストすら読了できていないので、すみません。。。

科学哲学(室田 憲司先生)

本論と結論がリンクしていない(前回に引き続き・・・)、

誤字の多さなどC評価が多かったので、Cは妥当です。

ちゃんと勉強すれば、もっといい評価が得られる科目らしいですが、

私の勉強不足では仕方ないです。

 

フランス文学概説(井上櫻子先生)

テキストを踏まえた分析が足りないとの指摘がありましたが、

それ以外はA評価をいただきました。

 

西洋哲学史Ⅰ(読めず)

何について述べるのかが不明確で、不要な記述が多いとの指摘です。

この科目のレポートは難関とされているのは知っていましたが、

予想通りの結果でした。

きちんと資料を読み上げて、1つの論点で深める必要があるようです。

 

 

レポート返却期間:8週間

2012/01/23

レポート返却 2本

今日は月曜日なので、まだ返却されていないレポートは来ないだろう

と思っていたら、2本届きました。

 

昨日まで試験だったので、試験対応だけでなく、

事務局機能はすべて動いていたのでしょうか。

事務局の方々、休日にお疲れ様ですm(_ _)m

んんっ、よく見ると、返却年月日が1/20(金)になってます。

ということは、郵送遅延?土曜日には確かに届いていませんでした。

 

さて、前回の結果が散々だったので、あまり期待しないまま開いてみると・・・

 

二十世紀のフランス文学 B  まずは安堵

地理学Ⅰ(L)         A  結果は上々。あれっ、提出してから1か月も経ってない。

 

前回と異なり、今回はいい結果を得られました。

地理学Ⅰは前回の不合格から半年の期限が年末だったので、

窓口が閉まる前に出さないとまずい、ということで慌てて作成し、

事務局に持ち込みました。

年末年始もあったのに、過去最高の速さでした。

 

二十世紀のフランス文学は、すみません!、ちゃんと読了していません。

レポ提出まで時間がなく、飛ばし読みしました。

「引用した部分が、どう論拠になっているか明確でない」との指摘、

身に沁みます。論述が錬られていないことは自覚しています。

 

さて、何とかレポ合格が増えてきましたが、

「論拠の示し方」や「それぞれの引用からどう分析・まとめるか」という力が

不足しているようです。次からは注意してレポートに取り組みたいと思います。

が、科目によってスタイルが違うので、自分のスタンスをどこにするか、

悩みが尽きません。

 

レポート返却期間:9週間(仏文)、3週間(地理学)

2012/01/19

レポート返却 3本

ここ数日、11月のレポート期限に駆け込み提出した

5本のレポート結果が来るだろうと思っていましたが、

やっと返却されました。その数3本。輪ゴムでとまってました。

 

結果は・・・ 以下開封順

 新・地理学Ⅱ(地誌学) A   幸先いいぞ!

 西洋史概説Ⅰ      D   まあ、5月からまとまらずに悩んでいたし、

 史学概論         D   あらら、やってしまった。

 

史学概論は大丈夫だと思ってたのですが、

「カー」を読んだ上で、それぞれの理論を「具体的に」述べ、

その関係を論じないといけないようです。

 

西洋史概説は、アウグストゥスに偏っており、

元首政の枠組みが記載されいていないとの指摘です。

 

地理学Ⅱは、参考文献は本文中に明記するように、との指摘でした。

後注と文献表はNGのようです。

参考文献の活用と、引用・記載方法の2つがBで、あとはA評価。

5月の国文学古典研究Ⅳ同様、急遽レポート作成を決め、

慌てて資料をかき集めて仕上げたレポートなので、

高評価は申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

レポート返却期間:7週間

2011/12/16

[十九世紀フランス文学Ⅰ]レポート返却

残業が捗らず、ぼーっとしたまま郵便受けをみたら、

慶應からの封筒が2通。

1つは予想通り、卒論指導登録の資料。

もう一つは、十九世紀のフランス文学Ⅰのレポートです。

 

フランス文学は、それなりにまとまった気でいましたが、

教科はC。

一本調子で面白みがない、との評価でした。

もっと自分を出して、時に他の人の考えを賛同したり批判したりして

自分なりの考えをまとめるべきとのことです。

 

文学研究のコツを、下の余白、右の余白、上の余白、左の余白

とグルグル回しながら読めるように書いてありました。

ちょっとユニークで面白かったです。

 

Cはショックですが、C2つとD2つで、

好評からするとDでもおかしくなさそうなのでとりあえず善しとします。

それにしても、文学も史学も学問は難しいですね。

レポート返却期間:3週間

2011/06/18

[国文学古典研究Ⅳ]レポート返却

国文学古典研究Ⅳのレポートが返却されました。

これが初めての返却です。

自分で書いた住所が見える、大きな窓枠封筒です。

住所を記載するのは講評用紙なので、

ペン書きされた講評がうっすら写って見えます。

 

さて、ドキドキしながら開けてみると・・・

A』評価でした。

 

期限である5/23の夜に集配局に持ち込み、

受付は「5/23」で返送は「6/17」となっています。

 

講評を見てみると、「テキストを精読~」という項目は未評価ですが、

他は「A」で、「比較的よく書けている」「要点が押さえられていると言える」との高評価が。

この分野を深めるための課題も記載されており、今後に続けようと思いました。

 

さて、慶應のレポート評価は厳しいと聞いていましたが、

今回のレポートは1単位ということもあり、

また自分の得意な分野に論旨を持っていったので、良い評価に繋がったと考えます。

これに安住せずに、気を引き締めて次に取り組みたいと思います。

 

そもそも、レポート提出期限の3日前に取り組むことに決め、

課題からおおよそ書くことを決めていたとはいえ、

こんなに突貫のレポート作成はしないようにしたいものです。。。

 

学習状況

  • 科目名
    テキスト
    A倫理学1類2
    B西洋哲学史Ⅰ1類4
    C論理学(L)1類2
    D歴史哲学2類2
    E-スクーリング
    E西洋史概説2類2
    F近代日本と福沢諭吉1類2

単位取得状況

  • ■総合教育科目 (48/48単位 完)
    総合教育科目(一括認定) 40単位
    英語(仮認定→終了) 8単位
     C2
     B2
     B2
     R 地方スク(大阪)A1
     W 地方スク(福岡)B1

  • ■専門教育科目    46/68単位
    科目名
    第1類 20/28
    科学哲学 C C 4
    西洋哲学史Ⅰ D D 4
    倫理学 D 2
    論理学(L) D 2
    [SS]心理学特殊 B 2
    [SS]教育学特殊 A 2
    [SS]心理学(専門) A 2
    [ES]社会心理学(専門) C 2
    [ES]総合講座2011 A 2
    [E]近代日本と福沢諭吉 B 2
    [SS]社会学特殊 A 2
    [SS]哲学史 C 2
    [ES]総合講座2012 受講中 2
    第2類 14
    史学概論 B C 2
    歴史哲学 B 2
    西洋史概説Ⅰ A A 2
    地理学Ⅰ(L) A B 2
    地理学Ⅱ(地誌学)(L) A A 2
    [SS]日本史特殊 B 2
    [E]西洋史概説 B 2
    [SS]人文地理学 A 2
    第3類 12
    国文学古典研究Ⅳ A C 1
    フランス文学概説 A A 3
    19Cフランス文学Ⅰ C C 3
    20Cフランス文学 B C 3
    [SS]書道 A 2

  • ■卒業論文        0/8単位
無料ブログはココログ