夏期スクーリング

2013/04/17

2013年夏期スクーリング案内

スクーリング案内・講義要綱・申告書と
地方スクーリングの案内が届きました。
こんなに早く届きましたっけ?例年。

スクーリング単位はほぼいっぱいで、
今年で最後になるので、悔いのないよう履修しようと思ってます。
日吉に行く機会も最後なので、Ⅰ期かⅡ期で考えていましたが、
例年通り、Ⅱ期はお盆というのもあるのか、開講科目が少ないです。

直近の予定としては、仮登録が5月14日で
出席申込と履修申告が6月14日までです。

仮登録の必要な科目はあまり考えていませんが、
さてどうするか。今週末にでも考えます。

地方スクーリングの英語RとWは例年通りの横山先生と鈴木先生。
今年は、仙台と札幌です。札幌が追加になりましたね。
私は2年前に両方とも受けましたが、英語がちょっと苦手な人でも
安心して受けられる授業だと思います。

在学生Webサイトで今後、試験の申請ができるとか聞きましたが、
履修申告は紙のままのようです。
今後変わってくるのでしょうか。

2012/10/11

夏期スクーリング成績通知

日中たまたま慶應通信のHPを見ていたら、
10日付で夏スクの成績通知を発送したとのこと。
たぶん届いているだろうなと思いつつ帰ると、、、、
やはりありました。

さて、今日は家の扉まで待てずに開けるのではなく、
ちゃんと部屋に入ってから開けました。(どんなこだわり?)

さて、気になる結果は。。。。

社会学特殊 A
哲学史    C
人文地理学 A
書道     A

でした。

去年はA2つにB2つ、今年はA3つにC1つ。
どちらが良いかはわかりませんが、オールAは夢のまた夢、
のようです。

それにしても持込可の哲学史がCって。。。
1類科目に向いていないのかもしれません。

社会学特殊も人文地理学も他学部開講科目。
自分でもうすうす気づいていましたが、
通学時代専攻していた社会科学系が向いているのかもしれません。
でも今の仕事はSE。人生わかりません。

ともあれ、8単位ゲットです!

2012/08/24

スクーリング終了

今日でスクーリングが終了しました。
簡単に振り返っておきます。

哲学史

午前中の哲学史は若い先生2人で精力的な授業でしたが、
説明が早く、配布資料もいろいろあり、メモするだけで一苦労でした。
前半5回は、古代・中世で代表的な哲学者を挙げて、
「魂」と「認識」をテーマにした説明、
後半5回はデカルトとロックとフッサールを取り上げた説明と、
歴史としては少々偏った感がありました。

試験は持込可と早々に聞いていましたが、
全く頭で整理されておらず、資料やメモを見直しても
全然試験対策ができていませんでした。

最終日の1コマ目で、それぞれの単元の纏めの説明があり、
やっとわかってきた気がします。

試験は、それぞれの担当範囲からの出題で、
前半に少し時間をかけてしまい、
後半は論文が散らかってしまいました。
「正しいものを選択せよ」というものは何とか解答できましたが、
1つ、判断に迷うものがあって、部分点しか取れないかもしれません。

書道

最終日は試験を1:25から60分行ったのみです。
書の歴史をひたすら覚えたのですが、予想外の出題でした。
が、時間もあまり、余裕を持って終えられました。

全体としては、1コマ目が講義で、2コマ目が実技で、
孔子廟堂碑から臨書して2枚提出しました。

3日目には国立博物館に行って、
生の書を見てレポートを提出する課題がありました。
先生曰く、提出物を複数持つことで、成績評価の要素を分散させて
Dということがないようにしている、とのことです。

2012/08/16

第Ⅱ期終了

今日でⅡ期の講義が終了しました。

2科目とも持ち込み可でしたが、上手く書けませんでした。
出席点も加味されるので、落ちることはないと思いますが、
良い評価は難しいかもしれません。

簡単に受講後の感想を書いておきます。

・人文地理学
 レポートで2科目採点いただいていたので、
 どういう先生かと楽しみにしていました。

 説明の内容は濃く、スラスラと途切れることなく続くのでメモが大変でしたが、
 流れるような説明で、とてもわかりやすかったです。
 
 

 講義内容は、テキストで学んだTNCや
 「世界都市」と呼ばれる世界の各都市についての説明です。
 地理が元々好きで、数字などの資料も苦手ではないので、
 とても興味深く拝聴しました。

 試験は以下の2問です。
  ①ウェーバー(社会学者の弟)の工業立地論の概要と
   現代のそれを具体例を挙げて述べる。
  ②ある2都市について魅力を感じる方を選択し、
   その理由と東京と比較して優位性や問題点を述べる。

・社会学特殊
 とても優しげな先生で、先生曰く
 「自分ではわからないけれど、学生に言わせると評価は厳しくない」ということです。
 ただ、少し早口になるとメモが追いつきませんでした。
 また心地よい口調なので、睡魔が少々・・・

 講義内容は、社会学の代表的な理論をオムニバス形式で説明するものです。
 社会学の初学者の私でもわかりやすかったですが、
 一部理解が追いつかないところがありました。

 試験は以下の5問から3問以上選択して、身近な事例を挙げて答える形式でした。
 先生曰く、3問完璧に答えられるならそれでもいいし、
 自信がなければ5問答えれば、部分点が得られる、ということでした。
 私は④以外を回答しました。
 
  ①「再帰的プロジェクトとしての自己」
  ②「役割距離」
  ③「メディアはメッセージである」
  ④消費社会における記号消費
  ⑤「死のタブー化」
 
 
 
 

2012/08/11

1日目

夏期スクーリング1日めが始まりました。

人文地理学、社会学特殊と他学部開講科目ですが、
文学部生も多いようです。

人文地理学は地理学Ⅰとかなりかぶるようです。
社会学特殊は概論から入るので、初学者には助かります。

どちらも持ち込み可。
社会学特殊は持ち込み可は一番甘いので、
論述は少し考えて書いてもらうかも、とのことでした。

2012/07/23

夏期スクーリング通学証明書

夏期スクーリング用の通学証明書が届きました。
Ⅱ期とⅢ期で日吉も三田も6日ずつなので、
電車の定期を買うまでもありません。

が、バスの定期を学割で買えるので、申請しない手はありません。
通勤時もバスを使っていますが、定期を買っても元がとれないので、
Suica決済して、「バス特」(*)で特典をもらう方がお得です。

でも、学割の効力は絶大で、夏スク・夜スクの期間は
ここぞとばかりに学割定期を購入して、
少しでもコストを抑えています。

(*)バス特とは
ICカード(PASMOやSuica)で運賃を支払った際、
利用金額の累積額(バスポイント)に応じて「特典バスチケット」がもらえ、
このチケットは次回の乗車時に充当されます。

※バスポイントは1か月(1日~末日)有効で、月が変わると0ptにリセットされます。

例 運賃が200円の場合
5回乗車するとバスポイントは1000ptとなり、100円分の特典バスチケットが付与される。
6回目の乗車の際、100円が充当され、実質100円で乗車できる。

提携しているバスの運行会社によって違いがあるようなので、注意してください。

http://www.pasmo.co.jp/howtouse/bus.html#bustoku

2012/07/21

夏期スクーリング 出席許可書

定額小為替100円で発行依頼した出席許可書が届きました。
携帯で撮影したら、どうも緑っぽくなってますが、
実際は薄い青ベースの用紙です。

何に使うというわけでもありませんが、アップしておきます。

Dsc_0003resize

2012/07/18

夏期スクーリング受講票

7月1日で異動になったりなんやかやで、全くブログを更新していませんでした。
今日は歓迎会で今帰ってきました。
後程、過去の記事も掲載する予定です。


夏スクまで1か月を切ったな、とか夜スクの仮登録の結果もそろそろかな
と思っていたら、夏スクの受講票が届きました。

Ⅱ期
 人文地理学 渡邊先生
 社会学特殊 澤井先生

Ⅲ期
 哲学史 植村先生、西村先生
 書道 星野先生

4科目、すべて許可されました。
異動早々、半月休むことになり心苦しかったのですが、
休暇も申請OKです。

夏期スクーリング受講票

夏期スクーリングの受講票が届きました。
最近、通信教育部のHPをチェックしていなかったので、
郵便受けを見てびっくり。
夏スクまで1か月を切ってますね。

私はⅡ期からの出席です。

Ⅱ期
人文地理学 渡邊先生
社会学特殊 澤井先生

Ⅲ期
哲学史 植村先生、西村先生
書道  星野先生

プライベートのスケジュールで
去年の時間割をコピーして今年のを作成していたところ、
去年同様6日間ではありますが、1コマあたり5分ずつ長くなっています。

1限の開始が5分早く、4限の終了が5分伸び、
昼休みも2限の終了と3限の開始の関係で10分短縮しているようです。
お気を付けください。

去年、英語のスクーリングで遠征したときの親睦会で、
せっかく都合をつけて東京まで行くんだから、
短縮せずにみっちり講義して欲しい
と仰ってる方がいらっしゃいました。

私は入学していませんでしたが、
一昨年までの1日休暇ありの8日間のスケジュールからは
総講義時間がかなり短縮されているので、
今年は少し講義時間を延ばしたのかもしれませんね。

文部科学省では何時間以上と規定されており、
去年の総時間でも問題ないようですが、
熱心な方の声を反映したのかもしれません。

2012/07/04

テキスト

7/1にWebで申し込んだ夏スク「書道」のテキストが届きました。
夏スクはプリント配布と、地理学Ⅰのテキストなので、
これだけ買えば準備万端です。

全く認識していなかったのですが、通信のテキストでした。
私はまだ配本されていないので問題ないのですが、
配本されていて買ってしまう、なんていうこともあるのでしょうか?

私みたいなおっちょこちょいはそんなにいませんねcoldsweats01

学習状況

  • 科目名
    テキスト
    A倫理学1類2
    B西洋哲学史Ⅰ1類4
    C論理学(L)1類2
    D歴史哲学2類2
    E-スクーリング
    E西洋史概説2類2
    F近代日本と福沢諭吉1類2

単位取得状況

  • ■総合教育科目 (48/48単位 完)
    総合教育科目(一括認定) 40単位
    英語(仮認定→終了) 8単位
     C2
     B2
     B2
     R 地方スク(大阪)A1
     W 地方スク(福岡)B1

  • ■専門教育科目    46/68単位
    科目名
    第1類 20/28
    科学哲学 C C 4
    西洋哲学史Ⅰ D D 4
    倫理学 D 2
    論理学(L) D 2
    [SS]心理学特殊 B 2
    [SS]教育学特殊 A 2
    [SS]心理学(専門) A 2
    [ES]社会心理学(専門) C 2
    [ES]総合講座2011 A 2
    [E]近代日本と福沢諭吉 B 2
    [SS]社会学特殊 A 2
    [SS]哲学史 C 2
    [ES]総合講座2012 受講中 2
    第2類 14
    史学概論 B C 2
    歴史哲学 B 2
    西洋史概説Ⅰ A A 2
    地理学Ⅰ(L) A B 2
    地理学Ⅱ(地誌学)(L) A A 2
    [SS]日本史特殊 B 2
    [E]西洋史概説 B 2
    [SS]人文地理学 A 2
    第3類 12
    国文学古典研究Ⅳ A C 1
    フランス文学概説 A A 3
    19Cフランス文学Ⅰ C C 3
    20Cフランス文学 B C 3
    [SS]書道 A 2

  • ■卒業論文        0/8単位
無料ブログはココログ