« 第2回卒業論文指導申込 | トップページ | レポート返却 »

2012/08/16

第Ⅱ期終了

今日でⅡ期の講義が終了しました。

2科目とも持ち込み可でしたが、上手く書けませんでした。
出席点も加味されるので、落ちることはないと思いますが、
良い評価は難しいかもしれません。

簡単に受講後の感想を書いておきます。

・人文地理学
 レポートで2科目採点いただいていたので、
 どういう先生かと楽しみにしていました。

 説明の内容は濃く、スラスラと途切れることなく続くのでメモが大変でしたが、
 流れるような説明で、とてもわかりやすかったです。
 
 

 講義内容は、テキストで学んだTNCや
 「世界都市」と呼ばれる世界の各都市についての説明です。
 地理が元々好きで、数字などの資料も苦手ではないので、
 とても興味深く拝聴しました。

 試験は以下の2問です。
  ①ウェーバー(社会学者の弟)の工業立地論の概要と
   現代のそれを具体例を挙げて述べる。
  ②ある2都市について魅力を感じる方を選択し、
   その理由と東京と比較して優位性や問題点を述べる。

・社会学特殊
 とても優しげな先生で、先生曰く
 「自分ではわからないけれど、学生に言わせると評価は厳しくない」ということです。
 ただ、少し早口になるとメモが追いつきませんでした。
 また心地よい口調なので、睡魔が少々・・・

 講義内容は、社会学の代表的な理論をオムニバス形式で説明するものです。
 社会学の初学者の私でもわかりやすかったですが、
 一部理解が追いつかないところがありました。

 試験は以下の5問から3問以上選択して、身近な事例を挙げて答える形式でした。
 先生曰く、3問完璧に答えられるならそれでもいいし、
 自信がなければ5問答えれば、部分点が得られる、ということでした。
 私は④以外を回答しました。
 
  ①「再帰的プロジェクトとしての自己」
  ②「役割距離」
  ③「メディアはメッセージである」
  ④消費社会における記号消費
  ⑤「死のタブー化」
 
 
 
 

« 第2回卒業論文指導申込 | トップページ | レポート返却 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573045/55446866

この記事へのトラックバック一覧です: 第Ⅱ期終了:

« 第2回卒業論文指導申込 | トップページ | レポート返却 »

学習状況

  • 科目名
    テキスト
    A倫理学1類2
    B西洋哲学史Ⅰ1類4
    C論理学(L)1類2
    D歴史哲学2類2
    E-スクーリング
    E西洋史概説2類2
    F近代日本と福沢諭吉1類2

単位取得状況

  • ■総合教育科目 (48/48単位 完)
    総合教育科目(一括認定) 40単位
    英語(仮認定→終了) 8単位
     C2
     B2
     B2
     R 地方スク(大阪)A1
     W 地方スク(福岡)B1

  • ■専門教育科目    46/68単位
    科目名
    第1類 20/28
    科学哲学 C C 4
    西洋哲学史Ⅰ D D 4
    倫理学 D 2
    論理学(L) D 2
    [SS]心理学特殊 B 2
    [SS]教育学特殊 A 2
    [SS]心理学(専門) A 2
    [ES]社会心理学(専門) C 2
    [ES]総合講座2011 A 2
    [E]近代日本と福沢諭吉 B 2
    [SS]社会学特殊 A 2
    [SS]哲学史 C 2
    [ES]総合講座2012 受講中 2
    第2類 14
    史学概論 B C 2
    歴史哲学 B 2
    西洋史概説Ⅰ A A 2
    地理学Ⅰ(L) A B 2
    地理学Ⅱ(地誌学)(L) A A 2
    [SS]日本史特殊 B 2
    [E]西洋史概説 B 2
    [SS]人文地理学 A 2
    第3類 12
    国文学古典研究Ⅳ A C 1
    フランス文学概説 A A 3
    19Cフランス文学Ⅰ C C 3
    20Cフランス文学 B C 3
    [SS]書道 A 2

  • ■卒業論文        0/8単位
無料ブログはココログ