« カルチャースクール 第二回 | トップページ | 第一回課題-近代日本と福澤諭吉 »

2012/05/19

2012年第Ⅰ回科目試験結果

HPに金曜日に試験結果を発送したというのがあり、
早速届いてました。
前回同様、群の順に記載します。

フランス文学概説     A
西洋哲学史Ⅰ       D
科学哲学          C
歴史哲学          D

とうとうやってしまいました、「不合格」
でも、今回この2科目は完全に外した回答なので、仕方ないです。
次回再トライします。

以下、に所感を書いておきます。

フランス文学概説
 3類科目でAは初めてです。
 テキスト持込可だったので、テキストをほとんど読んでません。すみません・・・

西洋哲学史Ⅰ
 プラトンのイデア論。全く書けませんでした。次回はこれ以外のテーマになるかと。
 知識を定着させるような勉強を心がけます。

科学哲学
 難易度は高くないとの前評判でしたが、点数は取れなかったようです。
 テキスト持込可でしたが、いろいろな箇所からつぎはぎで回答したので、
 纏まっていなかったものと思われます。

歴史哲学
 ヘルダーの歴史観。
 テキストの最初に書いてあるのに、全く記憶に残っていませんでした。

« カルチャースクール 第二回 | トップページ | 第一回課題-近代日本と福澤諭吉 »

コメント

こんにちは。
先日は地理学2のアドバイスありがとうございます。
わたくしは4月試験は6科目受けて合格したのは1科目(地理学2)だけでした。てぃむさんは私の2倍の科目数合格されているのですね。地理学2はアドバイスを参考に今、レポート作成中で、残念ながら単位とはなっていません。

試験があまり合格しないので、受験可能な科目が14科目ほどと膨れあがり、次の試験をどの科目にしようか迷っています。参考までに今まで4回の試験で24科目中合格しましたのは7科目でした。専門科目は12単位、英語・スクーリングはゼロです。

てぃむさんから見れば、私はなんともひどい合格率かと思われると思います。

やす子さん、こんばんは

地理学2の合格おめでとうございますshine
あとは、レポートですね。単位取得まであと一歩ですね。
前回のコメントが少しでも役に立てばうれしいです。

なかなか試験に通らないのは辛いですね。
でも、レポートのストックは多いのがうらやましいです。
私はいつもギリギリに書いているので、ストックゼロです。
お恥ずかしい限りですcoldsweats01

試験は、科目によって採点基準も違うようなので、
どうしていいか、迷ってしまいますね。
しかも、レポートみたいにどこが悪いか教えてもらえませんし。

レポートがまだだったら、書かないといけませんが、
試験での論文を書くのにまだ慣れていないようでしたら、
フランス文学系の「○○について答えよ」という形式のもの
にチャレンジするのはいかがでしょうか。

記憶ものは、覚えるのが多いのが難点ですが、
フランス文学概説は、テキストbook持込可なので、
小手調べにちょうどいいかもしれません。

あとは、史学概説も10行以内とか短めの論述で
出題パターンも決まっているので、
事前に準備できれば、取りやすいかもしれません。

他は、見ての通り成績が悪いwobblyので、何ともアドバイスできません。
社会学史も持込可で取り組みやすいらしいですが・・・

アドバイスありがとうございます。

 合格した専門科目5科目の内訳を書いていませんでしたが、合格したのは「フランス文学概説」・「19世紀のフランス文学1」・「新イギリス文学研究1」などです。「新イギリス文学研究1」は昨年は持込可でした。フランス文学関連と持込可の科目が合格しやすいとききましのではじめに重点的に受験しました。

 落ちた科目は「西洋史概説1」、「国文学古典研究4」、「20Cフランス文学」などで、てぃむさんが同じ試験を受験して合格した科目ばかりです。何度も受験すると採点する先生に名前を覚えられるというかあきれられるような感じがします。

 それと傾向として合格した7科目のうち6科目は1回目で合格しています。残り1科目も2回目です。3回、4回と受験するよりも、たとえレポートが合格していなくても新しい科目にした方がいいかなと思ったりもしています。
 
「西洋史概説1」はレポートも合格していませんのであきらめます。歴史系の科目はよく勉強している人が多いといろいろなところでかいておられますので。

アドバイスありがとうございます。

 合格した専門科目5科目の内訳を書いていませんでしたが、合格したのは「フランス文学概説」・「19世紀のフランス文学1」・「新イギリス文学研究1」などです。「新イギリス文学研究1」は昨年は持込可でした。フランス文学関連と持込可の科目が合格しやすいとききましのではじめに重点的に受験しました。

 落ちた科目は「西洋史概説1」、「国文学古典研究4」、「20Cフランス文学」などで、てぃむさんが同じ試験を受験して合格した科目ばかりです。何度も受験すると採点する先生に名前を覚えられるというかあきれられるような感じがします。

 それと傾向として合格した7科目のうち6科目は1回目で合格しています。残り1科目も2回目です。3回、4回と受験するよりも、たとえレポートが合格していなくても新しい科目にした方がいいかなと思ったりもしています。
 
「西洋史概説1」はレポートも合格していませんのであきらめます。歴史系の科目はよく勉強している人が多いといろいろなところでかいておられますので。

やす子さん、こんばんはmoon1

詳細を教えてくださりありがとうございます。

文学系がお強いんですね。
イギリス文学は私には未知の世界ですwobbly
いろいろとチャレンジする姿勢、私も見習いたいです。

国文学古典研究は、結構難しいらしいですね。
私はテキストの薄さとレポートの書きやすさで選びましたが、
成績は、見ての通りですcoldsweats01
ただ、テキストの内容が少々うろ覚えでしたが合格できたので、
八代集をノートに纏め、確実の覚えれば太刀打ちできそうと感じました。
ちゃんと分析はいませんが、過去問の傾向(年代順に出題されるとか)
もあるかもしれません。

何度も受験することで先生に名前を覚えられる、ということはないと思います。
むしろ、名前を見ずに採点しているかもしれませんので、気にしなくていいかと。
慶應はわかりませんが、私が通学生だったときは、
院生が採点している、というまことしやかな噂がありました。

西洋史概説は確かに試験は難しいと思います。
深く勉強されている方も多いので、なかなか点数は伸びないかもしれません
私の場合、テキストの知識が浅くても、自分のフィールドに持っていって
論述できると、いい成績が修められるようです。
やす子さんも、自分の必勝パターンが確立できるといいですね。

少なくとも私より多くの科目にチャレンジされていて、
その経験は勝っていると思います。
なかなか結果が出ないのは辛いですが、
上手く、合格のスパイラルupwardrightに乗れるといいですね。

20世紀の仏文は何度かトライされているかもしれませんが、
3単位ありますし、これまでの努力もありますし、
再チャレンジしてみたらいかがでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573045/54822751

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年第Ⅰ回科目試験結果:

« カルチャースクール 第二回 | トップページ | 第一回課題-近代日本と福澤諭吉 »

学習状況

  • 科目名
    テキスト
    A倫理学1類2
    B西洋哲学史Ⅰ1類4
    C論理学(L)1類2
    D歴史哲学2類2
    E-スクーリング
    E西洋史概説2類2
    F近代日本と福沢諭吉1類2

単位取得状況

  • ■総合教育科目 (48/48単位 完)
    総合教育科目(一括認定) 40単位
    英語(仮認定→終了) 8単位
     C2
     B2
     B2
     R 地方スク(大阪)A1
     W 地方スク(福岡)B1

  • ■専門教育科目    46/68単位
    科目名
    第1類 20/28
    科学哲学 C C 4
    西洋哲学史Ⅰ D D 4
    倫理学 D 2
    論理学(L) D 2
    [SS]心理学特殊 B 2
    [SS]教育学特殊 A 2
    [SS]心理学(専門) A 2
    [ES]社会心理学(専門) C 2
    [ES]総合講座2011 A 2
    [E]近代日本と福沢諭吉 B 2
    [SS]社会学特殊 A 2
    [SS]哲学史 C 2
    [ES]総合講座2012 受講中 2
    第2類 14
    史学概論 B C 2
    歴史哲学 B 2
    西洋史概説Ⅰ A A 2
    地理学Ⅰ(L) A B 2
    地理学Ⅱ(地誌学)(L) A A 2
    [SS]日本史特殊 B 2
    [E]西洋史概説 B 2
    [SS]人文地理学 A 2
    第3類 12
    国文学古典研究Ⅳ A C 1
    フランス文学概説 A A 3
    19Cフランス文学Ⅰ C C 3
    20Cフランス文学 B C 3
    [SS]書道 A 2

  • ■卒業論文        0/8単位
無料ブログはココログ