« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の記事

2011/05/23

5月費用

・レポート送付(地理学Ⅰ・国文学古典研究Ⅳ)

 15円+160円(特定記録)=175円

 67.0g(レポート用紙8枚)

 

・夏期スクーリング仮登録

 80円+300円(簡易書留)=380円

 

・夜間スクーリング仮登録

 50円+300円(簡易書留)=350円

----------------------------

                905円

 

地方スクーリング仮登録

夏期スクーリングの案内と一緒に地方スクーリングの案内がありました。

当初の予定として、今年中に英語科目を終わらせるということがあり、

でも夏期スクーリングは専門科目の単位を得るためのものと位置づけていたので、

地方スクーリングは最初から視野に入れていました。

 

昨年は大阪のリーディングのみでしたが、

今年は福岡のライティングも開催されるとのこと、これも渡りに船でした。

 

迷わず、両方仮登録、と思いきや、申請はがきを見ると、

「希望する方に○をつける」という記載が。

んっ?どちらかしか選べないの?と疑問が沸き、

今日事務室に聞いてみたら両方申請してもいいとのこと、良かった。

 

蛇足ですが、久しぶりに通信教育部のHPを見たら、

このはがきの誤記の訂正がありました。

大阪と福岡で、リーディングとライティングが逆になってたようで、

わかるように訂正して、○をつけること、となっていました。

 

私は帰宅前に送付済みで焦りましたが、

両方申請してるから関係ないですね。

 

地方スクーリングの競争率はどれくらいでしょう?

夏期スクーリングに比べ、受講料が3倍なのと、

立地的に希望者がどれくらいなのか、私のように落下傘がいるのか、

まったく予想がつきません。

 

念のため、夏期スクーリングの英語R・Wの申請をしましたが、

はてさて、どうなるでしょう。

夏期スクーリング仮登録

夏期スクーリングと地方スクーリングの案内が

4/18に届きました。

 

夏期スクーリングは平日始まりの8日間なので、

私の勤める会社では土曜から始まって翌週の日曜までの最大9日しか休めないので、

なんとか無理やり1日病欠とかにしても1つの期しか出られないと踏んでいました。

 

が、今年は震災の影響で、日曜も含めた6日間となったので、

連続4日休みを2回とれば2つの期に出席できる?とちょっと期待していました。

有休も8/20までに消化しなきゃいけないのが8日あるのでちょうどいいし。

 

でもそんなに甘くはなく、有休を消化するには

Ⅰ期とⅡ期を連続で取らなければならないのですが、

間1日なので、流石にばつが悪いので、

Ⅰ期とⅢ期を受講することにしようと思います。

 

私は学士なので、3分野科目は免除されているので、

体育や実験スクーリングはスルーして、専門科目を見ていたのですが、

唯一、書道については仮登録が必要なので、すぐさま準備しました。

 

小学校から習字を習っていて、高校の芸術科目でも書道を選択していたので、

安全パイではないですが、絶対受けたいと思っていた科目でした。

テキスト科目で受講するには、最後の選択配本までまたないといけないので・・・

 

それにしても習字は好きなのですが、硬筆やボールペン字はあまり好きではありません。

思ったことを一気に書こうとしてしまうので、自己流の行書もどきになってしまいますし。

改まった席でいざ書こうとすると、気恥ずかしさを感じます。

 

出願書類の作成の時もそうでした。

願書とか履歴書とかはまだ集中力が続くのですが、

志願理由とかを書いているときは、だんだん書くスピードが速くなって、

少々乱れてしまいました。

滑り込みセーフ?

レポート締切の前日5/22は図書館で15時までレポートのプロットを作成し、

そのあと印刷することを考えて、プリンターのインクを買いに行って、

家に帰ってきて地理学Ⅰと国文学古典研究Ⅳのレポートを書き上げたのは

20時を過ぎてました。

 

そこから推敲をして、印刷できる段階になったのは日付を超えていて、

レポート用紙に収まるように余白やフォント、ピッチを調整し、

印刷が終わったのは3時でした。

そこで注釈を入れ忘れたことに気づき入れて、

レポート提出の体裁を整えて、封入したのは4時。

 

徹夜も覚悟していましたが、今日の仕事は午後からボーっとしてしまって、

あまり重要なことはしないようにしてしまいました。

 

会社帰りに集配を行っている郵便局に寄って、送付完了!

せっかくの努力が郵便事故にあって水の泡になるのも嫌だったので、

特定記録郵便にしました。

 

一抹の不安は、初めてのレポート提出なので、

不備により受け付けてもらえないことです。

(通学していた大学ではレポート提出は数本しかなく、

年1回の試験で成績がつくものばかりでした。)

 

それと慶應通信の勝手がわからないので、

レポートでそれなりに体裁を整えたはずですが、

それがどう評価として出るのか、

返却されるまで戦々恐々です。

[国文学古典研究Ⅳ]レポート作成

7月の科目テストは、英語Ⅱ、Ⅰに、西洋史概説Ⅰと地理学Ⅰと

4科目という強気にも関わらず、何を思ったのか5科目受験という

無謀なことを考え、レポート提出2日前の5/22に試験時間割と

レポート課題内容を勘案して、学習を始めることにしました。

 

結局、西洋史概説Ⅰを断念したので、4科目となり現実的な科目数に落ち着きました。

 

さて、レポート課題は、

「八代集の和歌作品から、人々のどのような人生観が読み取れるか、

5首以上の例を引いて述べなさい。」

 

1単位科目なので、テキストも薄いし、何よりレポートの文字数も半分。

解釈書が参考書として挙がっていたので、5首ピックアップして書けばいけるかも?

と安易な考えで取り組みました。

 

5/22に慌てて図書館に行って、1つの和歌集では勉強してないと思われるかな

と小心者な発想で、結局8つとも雑(ぞう)の部をざっと読んで、

敢えて平安時代の華やかさではなく、死生観みたいなところに着目して

論じてみました。さて、吉と出るか凶と出るか。

[地理学Ⅰ(L)]レポート作成

初めての科目試験は英語2科目と西洋史概説Ⅰと地理学Ⅰ(L)に決定しました。

 

地理学については、経済産業省の統計資料からレポートを作成すればよいと

安易に考えていたので、まったくテキストを読んでいませんでした。

 

しかし「トランスナショナル」って何?グローバリゼーションと違うの?

というお粗末さだったので、テキストを一通り読むことにしました。

 

テキストを読み終わったのは5/22。レポート提出日の2日前です。

23日に図書館にPCを持ち込んで、あらすじから肉付け、最終稿まで

一気に書き上げました。

 

もともと商学を専攻しており、ニュースとか時事問題にも強い方だったので

なんとか形にできたと思いますが、何回か推敲するたびに

言い回しとか論理展開が気になりはじめ、直したつもりですが、

最終的にまとまっているか怖いところです。

[西洋史概説Ⅰ]レポート作成断念

膨大なテキストと、科目試験の時間割を検討して、

一番最初に取りかかった科目です。

 

もともと歴史が好きで、大学受験こそ日本史を選択しましたが、

ヨーロッパが好きで仕方なく、過去4回の海外旅行のうち

初回の香港(中国返還前)で慣らしたあと、3回はすべてヨーロッパという偏りようです。

 

と、雑談は置いておいて、高校時代はフランス革命までしか習っていないのと、

去年くらいから改めて知識をつけたいと思って世界史の本を読み始めていたので

この科目を迷わず選択しました。

 

しかしながらテキストに私の頭がついていかず、

テキスト読みは遅々として進みませんでした。

 

でもレポートを作らなきゃいけないというジレンマから、

4/30になって始めて近所の図書館に行って、

レポート課題対策として参考図書から学習を始めました。

参考図書も借りていたというのに、全然学習を進めておらず、 

結局レポートに取りかかったのは5/22(+o+)

 

レポート課題は

「アウグストゥスの業績を外観したうえで、

彼が確立したローマ元首政の枠組みについて具体的に論じなさい」

 

レポート作成するための材料集めはそれなりに終了していたのに、

どうも論理構築ができず断念しました。

他の科目の試験を受けるためにレポートを23日までに送らなきゃいけない

ということもあり、この科目は次回以降にすることにしました。

2011/05/06

山口旅行

5/3(火)~5(木)まで、山口まで車で行ってきました。(私は乗ってただけですが

元々、SLやまぐち号を見る&撮影したかったのですが、

6月で高速料金1000円が終わりそうというニュースがあったので、

このGWが最後のチャンスかなと思って。

 

GWはカレンダー通りだったので、どう頑張っても3日しかない。

で、予定をどう立てるか。しかもGW真っ只中で渋滞も半端ではないだろう。

<予定>

 5/3 朝早く出て一路山口へ。途中京都で梅小路蒸気機関車館に立ち寄る。

    翌日のSL追っかけに備える <車中泊>

 5/4 10:47新山口発の列車を撮影ポイントに移動&追っかけ。<新山口泊>

 5/5 一路東京へ。早めに帰宅して翌日の仕事に備える。

  

1日目は6時に出たのですが、予想通り東名高速の渋滞が酷く、

梅小路蒸気機関車館の入館時間に間に合いませんでした(;ω;)

3日目の帰りに京都に寄って帰ったら、自宅に着いたのは2時w(゚o゚)w

そう、今日は午前様だったのです。

 

結局GWは勉強ができませんでした。

明日からの土日は睡眠不足を補うのと、家のことをしたらあっという間に終わって

また勉強ができないかも。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

学習状況

  • 科目名
    テキスト
    A倫理学1類2
    B西洋哲学史Ⅰ1類4
    C論理学(L)1類2
    D歴史哲学2類2
    E-スクーリング
    E西洋史概説2類2
    F近代日本と福沢諭吉1類2

単位取得状況

  • ■総合教育科目 (48/48単位 完)
    総合教育科目(一括認定) 40単位
    英語(仮認定→終了) 8単位
     C2
     B2
     B2
     R 地方スク(大阪)A1
     W 地方スク(福岡)B1

  • ■専門教育科目    46/68単位
    科目名
    第1類 20/28
    科学哲学 C C 4
    西洋哲学史Ⅰ D D 4
    倫理学 D 2
    論理学(L) D 2
    [SS]心理学特殊 B 2
    [SS]教育学特殊 A 2
    [SS]心理学(専門) A 2
    [ES]社会心理学(専門) C 2
    [ES]総合講座2011 A 2
    [E]近代日本と福沢諭吉 B 2
    [SS]社会学特殊 A 2
    [SS]哲学史 C 2
    [ES]総合講座2012 受講中 2
    第2類 14
    史学概論 B C 2
    歴史哲学 B 2
    西洋史概説Ⅰ A A 2
    地理学Ⅰ(L) A B 2
    地理学Ⅱ(地誌学)(L) A A 2
    [SS]日本史特殊 B 2
    [E]西洋史概説 B 2
    [SS]人文地理学 A 2
    第3類 12
    国文学古典研究Ⅳ A C 1
    フランス文学概説 A A 3
    19Cフランス文学Ⅰ C C 3
    20Cフランス文学 B C 3
    [SS]書道 A 2

  • ■卒業論文        0/8単位
無料ブログはココログ